六鹿宿

介護保険発足直後から介護の世界で働いている僕が見たり聞いたり感じたことを綴っています。

そこにある、どこにも無い何か。

夢の話をするのは阿呆のすることだ。
そう言い聞かされて僕は、育った。


意味の無いことを語ることは、人間として恥ずかしいことだと教わって今までを生きてきた。


僕はだから、途方もなく無口だ。海中深くに沈む意思を持たない貝殻のように。


そこにあるけれど、どこにも無い何かを求めて、際限なく無口であることが使命だと信じて疑わなかった。


けれど心を無視して僕の脳は、意味を持たない夢を見る。


夢の中で僕は空を飛んでいた。


まるで、無重力の中で大地を力強く蹴ったみたいに、僕はどこまでも遠くへ飛んで行くことが出来た。


そうか、そこにあるけれど、どこにも無い。そういう存在で在りたいからこそ、僕は今夜もまた夢を見るのだろう。そして、それを誰かに語る明日が訪れることを望みながら、僕は目を閉じた。月も見えない夜の底で。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。