六鹿宿

介護保険発足直後から介護の世界で働いている僕が見たり聞いたり感じたことを綴っています。

やめられない止まらない。

西日本を襲った豪雨。考えられないほどの雨が降り注ぎ、大地を削りながら命を奪っていった。間違いなく行き過ぎた人類の経済活動が地球を犯した所産である。


けれど、やめられない止まらない。


肥大化することを正義だとし資本主義的な限界には目を背けて、まだ日本は大丈夫だ、美しいと煽る現政権。


そうして、それに乗っかって儲ける資本家と、それに隷属する大衆。
誰もが、このままでは地球が滅びることを知っているのに、やめられないし、止められない。


そういう自分だって、エアコンも車も酒もタバコも無ければ生きてはいけないのだから、もう、ドウシヨウモナイ。


共に滅びに向かって、歩もうではないか。もはや、地球は壊され過ぎて命を育む力を永遠に失いつつある。もはや誰もやめられないし、誰にも止めることができない。
せめて、恨むことなく僕らは旅立つべきだ。この死は、地球を損ない蝕んだ己が招いた結果に他ならないのだと、自業自得だと首背しながら。さらば、愛しき人類。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。