六鹿宿

介護保険発足直後から介護の世界で働いている僕が見たり聞いたり感じたことを綴っています。

桃源郷

ユートピア、シャングリラ、桃源郷。


夢みたいな、心地が良くて、不快とは無縁の世界へ。


行ってみたいと、誰もが思う。


現実逃避。今いる世界から、逃げて離れる。


けれど現実は、簡単に今居る世界から離れることを許してはくれない。


何故…。


それは、何故か。


双肩にかかる責任か?


人としての矜持か?


自己防衛か?


隣人愛か?


それとも、あきらめか?


結局、明日も明後日も、その先の未来であるこれからも、今居る世界に身を置いて、多くの人々が生き続ける。良識という範疇の中で。


逆に、今居る世界に疑問を持たない生き方が、実は最も幸せなのかもしれない。今に満足して居れば、そこに安住しているだけで幸せなのだから。


今居る世界から、逃げて、新しい世界に身を置く。


桃源郷は、実在するのか?


あるいは、そんな場所は存在しないのか?


行ってみなけりゃ、一歩を踏み出さなければ、それを発見することは決して出来ない。


けれども敢えて言うならば今を受け入れることも、実は必要なのだろう。


今、置かれている場所。


そこで生きて、苦しみを克服し、悲しみに立ち向かい、喜びを見つけること。


難しく考える必要なんて無い。


一生懸命に生きる。ひたむきに、今の自分を受け入れる。


ただ、それだけ。


誰かが、必ず。そんな自分を見てくれている。












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。