六鹿宿

介護保険発足直後から介護の世界で働いている僕が見たり聞いたり感じたことを綴っています。

滋賀のラーメンが、やばい。

一時期、ご当地ラーメンってのが流行って、尾道だとか和歌山のラーメンがもてはやされた。
確かに美味い。尾道も和歌山も。博多だって北海道だって喜多方だって、ラーメンで有名になる場所には必ず、それだけの旨いラーメンが待っていてくれる。先月行った、山形のラーメンも新潟は燕三条のラーメンも絶品だった。


けれど、それでも京都のラーメンは別格だ。鳥豚骨醤油に背油チャッチャ。
その代表格が、十数年前まで京都一乗寺の南郊に店を構えていた「山さんラーメン」
学生時代、何度も何度も僕はそこへ足繁く通った。そして、その旨いラーメンは常に僕の舌を喜ばせてくれた。


社会人になって、しばらく足が遠のいた「山さんラーメン」
久しぶりに行ってみると、閉店していて廃業した様子だった。
肩をがっくり落としながら、一乗寺の別のラーメン屋に向かったのを今でも鮮明に覚えている。


しかし「山さんラーメン」は廃業していなかった…


数年後、滋賀県の守山に移転したことを知る。知った瞬間に無我夢中で愛車を駆って、守山まで遠征。
その味は、昔と変わることなく、僕の舌を最高に喜ばせてくれた。懐かしくて涙が出るほど旨かった。


それ以降だろうか…京都のラーメンをしのぐ勢いで、滋賀のラーメンが台頭し始める…
多分、山さんラーメンが滋賀に移転したことも影響しているのだろう。


草津の「鉄山靠」 堅田の「与七」 長浜の「虎徹」
そして極め付け…彦根の「楽縁」


やばい、やばいくらいに滋賀のラーメンが旨い。
いつか、滋賀に住みたいと思うほどに…やばい♥

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。